【ビットコインアービトラージ】鞘が発生したら通知が送られてくるbotの作成

ビットコインのアービトラージを行っている人の中には、大きな鞘が発生したときのみ手動で、送金と決済を行っている方も多いのではないでしょうか。

取引所間の価格差を常に監視しているのは疲れるのではないでしょうか。

そこで、今回は、誰でも簡単に作れる鞘の通知botを紹介します。

今回使うもの

Google Apps Script
Googleアカウント
ビットコイン取引所のAPI

サンプルコードGitHub

Google Apps Scriptとは

Google Apps(グーグル アップス)とは、99.9% の稼働率が保証された Google の提供するコミュニケーションツールとコラボレーションツールがセットになったグループウェアとしても利用可能な組織向けのオンラインアプリケーションパックです。

Googleアカウントを持っていれば完全無料で使うことができます。

取引所APIとは

仮想通貨の取引所が提供している、ソフトウェアです。
APIは自己のソフトウェアを一部公開して、他のソフトウェアと機能を共有できるようにしたものです。
これをWEB上に公開することによって、誰でも外部から利用することができるようになります。

通知システム作成動画講座

この動画の手順に沿って進めれば、簡単な通知システムが作れます。

通知方法は、Twitter Gmail他、LINEやslackに通知を送ることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です