【残高が十分であっても取引できない】BitfinexでMARGIN(証拠金取引)取引をするときに注意すること

BitfinexでMARGIN取引をする際に法定通貨及び、その他仮想通貨が使えます。

しかし、APIを使い注文する際には注意しなければいけない点があるので共有します。

MARGIN WALLETには、Bitfinexで取引されている全ての仮想通貨を入金することができます。
ダッシュボードでは、USD/BTC EUR/BTC のMARGIN取引どちらかを指定してできますが。
APIでは、どの通貨を証拠金にするかということが、明示的にできません。

残高が多い通貨がMARGIN(証拠金)に優先して使われるわけではない

APIから注文する際に、どの通貨を証拠金にするか指定はできません。

さらに、残高が多い順に優先順位が決定されるわけではないので、端数の仮想通貨やFiatをMARGINに移動すると、

APIからorderすると残高不足で注文が通らなくなるります。

私はその状態になりハマってしまったので、損益が清算されるまで待ちました。

その後、端数の通貨をEXCHANGE WALLETに戻したら取引ができる状態になりました。

損失が発生した場合

Bitcoinを証拠金にして取引をして、ユーロで損失が発生したときに、MARGIN WALLETにユーロがないと、BitfinexはbitcoinのMARGIN WALLETを自動でユーロ交換し、相殺されます。

その他通貨の場合も同様でした。

証拠金の優先順位

自身がはまった状況では、EURの残高が一番多く、その他仮想通貨を端数入れていました。

その後テストしてみた結果、優先順位は

EUR < USD< Bitcoin Cash < Bitcoin

となっているのではないかと思いましたが、確証がないので詳細をご存知の方はこっそりと情報提供お願いします。

2 件のコメント

  • ビットフライヤーからBTCコインを送付したいのですが、
    残高あるのに、残高不足になり、送付出来ません。どうしたら
    送る事が出来ますか?

    • bitFlyerではクイック入金額相当の資産の移転は7日間制限されます。

      7日間制限の制限期間が送付ができるはずです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です